住宅ローンを組む際、または借り換えの際に注目しておきたいのが保証料です。住宅ローンを組む時にかかる費用のほとんどがこの保証料となります。

例えば1000万円の借入をした時に、

35年ローンの時は約20万円、30年の時で約19万円、25年の時で17万円となっています。これだけ見ても大きな金額だと言うのが分かると思いますが、

さらに保証料の支払い方法によっては、保証料の総支払額が増えてしまいます。保証料の支払い方は二つあります、借り入れた時に一括で払う方法。もしくは、

金利に上乗せ分の保証料を分割で月々支払う方法があります。分割して払う場合は長期間で返済すると言うことですから、

余分に利息をはる事になってしまいます。

金利に換算すると住宅ローンの約0.2%に相当することになります。しかし銀行によってはこの保証料が全くかからないと言う銀行もあります。

保証料があると無いのとではかなりの金額差が出ますので、

住宅ローンを組む際には、保証料がかからない銀行を選ぶ事をお薦めします。

住宅ローンの種類には、

金利変動型や、固定金利選択型などがあります。

住宅ローンでひとくくりにされてはいますが、そのような事を把握しておく必要があります。さらに数年前から預金連動型住宅ローンと言うものも出てきており、

従来の住宅ローンとは違う特徴を持ち合わせています。では、預金連動型住宅ローンとはどう言う特徴があるかと言いますと、

預金残高にローン金利がかからないという点がまずあげられます。

例えば2000万円のローンを組んだ際に、預金1000万円あるとしたら、

2000万円の内預金分には金利が掛からないような仕組みになっています。ですので繰り上げ返済出来る部分として見ることが出来るのです。

さらに住宅ローン減税の対象にもなると言うのが魅力的です。その他の魅力としては、保証料が無料であることもあげられます。

一般的な保証料は、金利に換算すると約0.2%に相当しますので、

かなり節約できるのではないでしょうか。デメリットとしては金利が高く設定されていると言う事がありますが、

条件次第では金利優遇も受けることが可能ですので、

預金連動型住宅ローンを選択肢に入れておく事をお薦めします。

住宅ローンの繰り上げ返済とは、どのようなものなのか理解しておくことで、

住宅ローンの総返済額はかなり変わってきます。まず住宅ローンの繰り上げ返済と言うものはどう言うものなのか?

簡単に説明させて頂きますと、繰上げ返済とは、

支払いの前倒しを行うことで毎月の返済の負担を軽くすると言う目的で使用します。繰り上げ返済をすることによって、毎月の利息が減っていくわけですから、

繰り上げ返済できる余裕があるのであれば、積極的に繰り上げ返済をしていくことをお薦めします。繰り上げ返済をするに至って、他にも気を付けたいのが銀行選びです。

折角繰り上げ返済で利息を減らしているのに、毎回手数料がかかってしまっては、

損をしてしまいます。銀行によっては、繰り上げ返済の手数料もかからず、

尚且つ簡単で、インターネットからでも1円単位での繰り上げ返済が出来ると銀行選びをする事が大切です。繰り上げ返済をすることによって、総返済額が大きく変わってきますので、

繰り上げ返済と言うものをしっかり把握しておくことをお薦めします。

ここが変だよgoogle