住宅ローンの借り換えをしたいが、

どのような時期に、借り換えを行えばよいのか分からない人も居るのではないでしょうか?住宅ローンの場合借り換え時期に適しているのは、

住宅ローンの残高が1000万以上ある状態で返済期間も10年以上残っている。

尚且つ借り換えをする前とした後で、1%の金利の差があると言うのが、

一般的に借り換えに適している時期と言われています。なぜ1000万円以上かと言いますと、

借り換えの費用には場合によって100万円近くの出費が出ますので

残金が少ない状態だと、あまり効果もなく、

下手をしたら負担する額が多くなるのでお薦めしません。10年以上と言うのは何故かと言いますと、

10年以上住宅ローンが残っていると、住宅ローン減税が受けることが出来るからです。最後に何故1%の金利差が必要かと言いますと、

基本的には、返済額が1000万円以上ある状態での借り換えで説明したような理由と同じです。

大幅な減額が見込めないようであれば、その他の費用で損をする場合がありますので注意してください。これらの要素がある時期に借り換えを行うことで、

よりお得な借り換えを行うことが出来るのではないでしょうか。

ここが変だよgoogle