住宅ローンの借り換えの際に、気をつけなければいけないのが借り換え時にかかる費用です。住宅ローンの借り換えをする際には、

現在の住宅ローンを一括返済する手数料に加え、新たに組んだ住宅ローンの事務手数料や保証料などの費用がかかってしまいます。

一括返済する際の手数料は数万円程度ですが、

新たに組んだ住宅ローンにかかる費用は、各銀行によって異なり、

どこの銀行も数十万円かかってしまいます。

さらに問題なのが保証料です。

保証料がかかる所だとそれだけでも数十万かかってしまいまので

保証料のかからない所を選ぶのも費用を抑える一つの手段となる事を覚えておいて下さい。住宅ローンの借り換えをする際には、借り換えの費用にいくらかかって、

借り換えた後でいくら利息が減るのかを計算しておく必要があります。利息を30万減らしたが50万の費用がかかってしまったと言う事では元も子もありません。最低でもかかる費用よりは減らす事が出来なければ意味がありませんので注意して下さい。

ここが変だよgoogle