住宅ローンの借り換えをする時に、さまざまな諸費用がかかってしまいます。金利だけに目を向けてしまうと、減額した利息分よりも多い諸費用がかかってしまう場合もありますので注意が必要です。住宅ローンの借り換えの際にどのような諸費用がかかってしまうかと言いますと、まずは契約書貼付印紙税です。

総借入額が1000万円以上で5000万円以下の場合は2万円

総借入額が5000万円以上で1億円以下なら6万円かかります。次に事務手数料です。

手数料は銀行によって異なりますが、数千円~5万円程になっています。

一括返済の手数料も銀行によって異なりますが数千円~3万円ほどかかります。そして一番重要なのが保証料です。

住宅ローン借り換えをする際にかかる諸費用。

その大半を占めるのがこの保証料です。保証料も銀行によって異なりますが、

最低でも20万円~100万円ほどかかってしまいます。

ここをどう抑えるかによって、かかる諸費用が大きく変わって来ます。このように住宅ローンの借り換えでは多くの諸費用がかかってしまうので、

なるべく諸費用のかからない借り換えをすることをお薦めします。

ここが変だよgoogle