住宅ローンの借り換えをする際に、

契約中の住宅ローンに適用されている住宅ローン減税はどうなるのか気になる方も多いと思います。では、住宅ローンの借り換えをした際住宅ローン減税は適用されるのかといいますと、

条件付きではありますが適用されると言うのが答えです。しかしその条件を満たしていない場合には、住宅ローン減税を受けられない可能性もありますので注意する必要があります。では、どのような条件があるのでしょうか?

その条件とは3つありすべての条件を満たしていないと減税を受けることが出来ません。まず借り換え後の償還期間が10年以上残っている事。

次に、ローンを組んだ本人の年間所得が3,000万円を超えていない事。

最後に、借り換え後の住宅ローンが、以前の住宅ローンの支払いに使用されていたことが明確である事。以上の3点です。

これらの条件を満たしていない場合は住宅ローンの借り換え減税を受ける事が出来ませんので、

借り換え減税を希望している方は、十分注意してください。

ここが変だよgoogle