住宅ローン借り換え審査を希望している人は、

住宅ローン借り換え審査を通るために、何点か気をつける必要があります。まずは年収です。

住宅ローンを組んだ時よりも年収が下がっているとマイナスの評価になります。

次にローンの延滞履歴です。

この点は非常に厳しく見られますので、期日までの返済を確実に行っておく必要があります。勤続年数や居住年数も重要で、

どちらも長い年数の方が好まれます。

勤務歴などは短いと安定していないと銀行は判断するので、

転職などを考えているのであれば、転職する前に審査を受けておいた方が良いでしょう。

自営業なども審査の目は厳しく、一般的な会社員よりも安定していないと判断されやすいです。そして現在の住宅ローンの対象住宅の資産価値も借り換え審査の対象になります。

価値が著しく低下しているようだと、借り換えが難しいでしょう。その他にも契約者の健康状態、ボーナス、扶養家族数なども対象になりますので、住宅ローン借り換え審査を申し込む際には、このような事に気をつけるといいでしょう。

ここが変だよgoogle