住宅ローンの借り換えを希望する時には、

諸費用がどの程度かかってしまうのか把握しておくことで

失敗しない借り換えをする事が出来るのではないかと思います。住宅ローンの借り換えでは、

まず現在契約している住宅ローンを一括返済する手数料で数千円から~三万円程度かかります。

次に新規の住宅ローンでかかる諸費用です。

ここでは事務手数料と保証料がかかってしまいます。

事務手数料なども銀行によって様々ですが

無料の銀行もあれば五万円ほどかかる銀行もあるようです。そして一番の問題が保証料です。

借り換え時の諸費用で一番多く割合を占めるのがこの保証料です。

保証料は最低でも二十万程度かかってしまいます。

さらに銀行によっては百万円程度もかかってしまう銀行もあるので

ここをどう抑えるかが借り換えでの大きなポイントになるのではないかと思います。最近では保証料が無料の銀行なども出てきていますので、

そのような銀行を利用すれば、諸費用を大きく抑え、尚且つ利息も減らす事が可能なので得をする銀行選びをすることをお薦めします。

住宅ローンの借り換えをする際に、

契約中の住宅ローンに適用されている住宅ローン減税はどうなるのか気になる方も多いと思います。では、住宅ローンの借り換えをした際住宅ローン減税は適用されるのかといいますと、

条件付きではありますが適用されると言うのが答えです。しかしその条件を満たしていない場合には、住宅ローン減税を受けられない可能性もありますので注意する必要があります。では、どのような条件があるのでしょうか?

その条件とは3つありすべての条件を満たしていないと減税を受けることが出来ません。まず借り換え後の償還期間が10年以上残っている事。

次に、ローンを組んだ本人の年間所得が3,000万円を超えていない事。

最後に、借り換え後の住宅ローンが、以前の住宅ローンの支払いに使用されていたことが明確である事。以上の3点です。

これらの条件を満たしていない場合は住宅ローンの借り換え減税を受ける事が出来ませんので、

借り換え減税を希望している方は、十分注意してください。

住宅ローンの借り換えをする際に、

どこの銀行で借り換えをして良いか決めかねている方も居るのではないでしょうか?低金利の銀行選びはとても重要だと思いますが、

その他にも、各銀行ごとの特典やキャンペーンなどもあり、

どこの銀行で、住宅ローンの借り換えを行えばよりお得なのか分からない人も居ると思います。そんな時に活用したいのがWEB上などに記載されている口コミ情報です。

口コミ情報では、住宅ローンの借り換えを行った人の意見などが記載されています。生活しているうえで、住宅ローンの借り換えを行った人の意見を聞く機会はあまり多くは無いと思います。

しかしWEB上では、多くの借り換え体験者の意見を読むことが出来ますので、

対象の銀行の長所や短所を把握する際にとても便利です。中には真実と違う情報がある場合もあるので、

数多くの口コミ情報を自分なりに整理する必要があります。

しかし、そのような点に気をつけておけば、口コミ情報は、住宅ローンの借り換えをする際にとても参考になりますので、活用してみることをお薦めします。

ここが変だよgoogle